top of page
  • 執筆者の写真Makoto Yoshikawa

月収5000元?中国の過酷な労働市場

ライバーとデリバリースタッフの収入状況

- 張成剛教授の研究によると、ライバーの大多数は月収が5000元以下で、これは全体の95.2%を占めています。これは、ライブストリーミング業界の収入が一部のトップパーセンテージに集中しており、大多数のライバーは低収入であることを示しています。

- 対照的に、外卖員の平均月収は約5000元であり、この業種は比較的安定した収入を提供していますが、仕事の性質上、過酷な労働条件に直面することが多いです。直轄市や1線都市だとそれぞれもっと給料が高くなる傾向があります


雇用市場の現状

- 中国では青年層の失業率が高く、新しい雇用形態への移行が顕著になっています。多くの若者が伝統的な工場勤務を避け、デリバリーや配車タクシーなどの職に進む傾向にあります。

- 新しい雇用形態の分野では人員過剩が問題となっており、一部のプラットフォームでは新規加入者を抑制して既存の労働者の収入を保護しようとしています。


教育と技能の遅れに関する問題

- 張成剛教授は、現在の中国の教育システムが市場のニーズに対応しておらず、多くの学生が必要な職業スキルを身に付けていないと指摘しています。

- 新しい技術、特にAIの普及により、労働者が新しいスキルを習得することが急務となっています。


就職市場の未来の展望

- AI技術の進展に伴い、特定のスキルを持たない労働者が仕事を失うリスクが増大しています。中国の企業は、AI技術の最前線に追いつくために努力する必要があります。

- 将来、労働者自身が特別なスキルを持たず、AIツールを使って生産性を向上させることができない場合、仕事を失う可能性が非常に高くなります。


このニュース分析は、中国の労働市場における現在の課題と、技術進歩に適応するための教育改革の必要性を浮き彫りにしています。

特に、新しい雇用形態が伝統的な雇用形態に取って代わるかどうかは、今後の市場の動向に大きく依存するでしょう。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

上海の高級住宅が45分で完売

2024年5月16日、上海黄浦区に位置する豪宅プロジェクト「凯德·茂名公馆」が開盤と同時に完売しました。わずか45分で75戸の住宅が販売され、総額31億元を超える売上を記録しました。 物件の詳細 「凯德·茂名公馆」は、ケーディングループが開発した高級住宅プロジェクトで、上海内環の黄浦区淮海中路板块、茂名南路と巨鹿路の交差点に位置しています。このプロジェクトは、2024年に上海で販売される8番目の平

Comments


bottom of page